受け入れられない

昨日、助産師さんたちが集まる会でLGBTについてお話しする機会がありました。 様々な前向きな意見があり、どのようにすれば支援できるのか、生まれてくる子が男の子や女の子だけじゃないということにハッとしたとの気付きがあったなども聞くことができて、とても有意義な時間になりました。 少し前に足立区議の「L(レズビアン)やG(ゲイ)が足立区に完全に広まっ…

続きを読む

Comment (0)

学問の自由についての反証

菅内閣に変わり日本学術会議任命拒否の記事が連日あらゆるメディアで取り上げています。 「学術会議任命を拒否することは学問の自由に反する」などの意見。 私が所属している学会からも、そういった内容に反発する声を上げようみたいな内容のメールが届きます。 多少、本当に僅かながら学術をかじっている私ですが、何だか仕組みがよく分からなくて。 ちょっと違う…

続きを読む

Comment (0)

リスカ(リストカット)の心理

自傷行為の一つにリストカットというものがあります。 自傷行為と聞いて疑問に思われる方もおられるのかなと思います。 自殺企図(自殺未遂):明らかに自死を目的としておこなわれる行為。 自傷行為:なんらかの理由で自分の身体を傷つける行為。 リストカットをされる方々は希死念慮はあるものの、自死(自殺)を目的にされるというよりは、「生きている実感を味…

続きを読む

Comment (0)

電車不通の原因

横浜線で通勤しています。 町田ー成瀬間で人身事故により、現場検証中のアナウンスが流れています。 今日は月曜日だったなぁとふと思いました。 人身事故=飛び込み自殺の可能性 コロナ不況のせいか、それとも何か、様々なことを考えてしまう自分。 人は思い詰めると、視野が狭くなり、考えが著しく悲観的になりやすい。 自殺をしたい人は特に自殺以外の道が…

続きを読む

Comment (0)

出来ることはご自分で 利益・不利益

前回のブログでは介護や看護現場での手伝う、サポートをする者や受ける利用者の心情や葛藤について述べさせていただきました。 今回は、利益・不利益を介護、看護者と利用者の視点の双方から考えてみたいと思います。 利用者にとっての利益①スムーズに生活が出来る。②安心感がある。 利用者にとっての不利益①自分で出来ないことで駄目だと思ってしまう。②依存が生…

続きを読む

Comment (0)

出来ることはご自分で その①

介護や看護現場で葛藤することが多い「自分で出来ることは自分でしてもらう」こと。 例えば自分で靴を履くのに時間がかかる高齢な利用者がいるとします。 そういった時に介護者と利用者との間で葛藤が起きます。 靴を履くのを手伝うべきか否か 介護者としては①手伝う方が親切②手伝わない私は優しくない③手伝った方が早い④手伝わないケチな人と思われたくない⑤…

続きを読む

Comment (0)

性的衝動(過度な)

最近耳にするセックス依存症について考えていきたいと思います。 結婚をしていても、パートナーがいても、それ以外にセックスを求めてしまう、または些細な出会い、深い関係ではないにしても簡単に行為を許してしまう、望んでしまう人々を多くみます。 ただ単にセックスが好きだから、快楽を求めてなど理由が短絡的で、衝動が抑えられない、「好きもの」のように軽蔑の眼…

続きを読む

Comment (0)

幼少期のトラウマ 生涯に渡る影響

子どもの頃の記憶について、皆様は鮮明に覚えていることはありませんか。それは良いことも悪いこともあるのでしょうね。 記憶とはドライブレコーダーのようなもので常に流れ続け、いらないデータは扱われずに、事故や衝撃的な出来ごとについては何度も再生、インプットされるのです。 嬉しいことや頑張って褒められた記憶は自信へと繋がって、虐待やいじめなどの記憶、ま…

続きを読む

Comment (0)