LGBTとしての自分の信念に向き合う

皆様明けましておめでとうございます。

だいぶブログの更新をさぼっていました。

今年はブログ更新を頑張ろうかと今は考えております。
果たしてどこまでできるのでしょうか。自信はないですけど・・・((笑))


タイトルを新年の抱負にしてみました。あまり面白くないかもしれませんが少しだけお付き合いください。

先日久しぶりの友人と食事をする機会に恵まれまして、久々の再開と楽しい時間を過ごす事ができて幸せでした。段々歳を感じるようになると、何だか寂しくて、友人の存在は大きいと思う次第でございます。

友人との会話で、「50年後の日本の総人口は8000万人台になる」という話になりました。
現在より4000万人くらい減少してしまうのですね。

少子高齢化は今よりも進み、いよいよ日本の経済を維持する為には移民を受け入れなければならない。

今回、LGBTが少子高齢化に役立てないだろうかと前向きに考えたいと思いました。

LGBTカップルだって子どもを育てられる環境があれば少子高齢化に貢献できる。
通常の婚姻制度がLGBTにも適応されれば、子育てのチャンスだってあるのではないかと考えました。

もちろん一朝一夕にはならないでしょうね。

そこには社会の偏見は根強く、制度が出来たからと言って人々の根底や本音の部分までに影響をするのは別なことであると思うからです。

以前アメリカで話題になった、同性婚拒否のニュース。
http://www.bbc.com/japanese/34194526

合法的に権利があったとしても、人々の思想はそれぞれであるという例えとして掲載させていただきました。

少しでも社会から差別や偏見をなくしたい。
そういったことで何か自分に出来る事はないのか。

今の職業と生活は維持しつつ、お金儲けではなく、ボランティア的に何かをしてみたいと今は思うのです。


にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック