祝卒業 修士学位取得

昨日学位記授与式がおこなわれて、修士の学位が取得できました。

20数年前に大学を卒業をした時は、とくに気にしてはいなかった学位。

働きながら大学院へ通うのは、通信制とはいえかなり大変な行程でした。

時には気が狂いそうになり、イライラしたりと、アトピー体質な私にとってはストレスで体が痒かったりもしていました。

修士 教育学  M.A.in Education になるみたいですね。


研究テーマは セクシャルマイノリティと生きづらさの関係について ‐スティグマの社会構造からの考察‐
でした。

内容としては、

セクシャルマイノリティの現状を先行研究から考察し、自分の体験談も交えつつ、

セクシャルマイノリティ当事者と非当事者に生きづらさについての半構造化面接(ざっくばらんに語ってもらう)を実施しました。

結果として

①生きづらさはセクシャルマイノリティだけでなく誰でも生じる。

②セクシャルマイノリティでも生きづらさを感じていない人もいる。

③生きづらさの要因は複合的(複数存在する)

④複数要因があると絡み合ってしまい、何だかわからなくなってしまい、結果としてセクシャルマイノリティだから生きづらいとなりやすい。(実は他の要因も関係していたなど)

⑤要因が複数あれば、解決できる問題もあり、その部分を解決できれば生きづらさを軽減できる。

⑥生きづらさを解決する為の自分の努力と、社会の課題がある。

⑦社会の課題に対しては地味に啓発活動を進めて行く。

だいたいこのような内容です。


にほんブログ村 読んで見たい方は、お問い合わせください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック