BPD(境界性人格障害) その③ 自分の人生を引き受ける勇気

3345100_s (1)分岐.jpg

境界性人格障害についての続きです。

おさらい

愛情飢餓状態からくる、どうにもならない寂しさから人からの愛情を求めて、人を振り回す。
いわば子どもの愛情試し行動のような状態。

人は確固たる存在の自信がなければ情緒不安定となる。

これがBPDの原因、真髄だと考えられます。


今回はどのようにBPDを脱却をしていくかを考えてみましょう。

ヒント!

過去への捕われに気がつく。

生まれてくる家庭や環境は選べません。世の中は公平ではなく不公平なものなのです。


ここからは根性論になります。かなりキツイ言い回しをします。ご了承ください。
(回復のために対決は必要ですが読んでいてキツイと感じるのであれば先へは進まないでください)



ただし、公平に与えられるものがあります。それは歳を経ていくということ。
不運にも早く亡くなる方もおられるかと思います。寿命とか運命的なことではなく、公平というのは与えられた時間の使い方です。どのように過ごしても等しく時間は経過していくという時間の観念です。

タイムイズマネー 時は金なり ただ時間はお金では変えられない大変貴重なものです。

キツイ言い方のようですが、誰のせいでもない運命を恨んで、捕われてどれだけの時間が経過していくのか、運命を引き受けて早い段階で挽回するのかを選ぶのはその人自身だからです。


与えられた運命をどのように使うかはすべて自己責任で、誰かのせい、環境のせいにするのは自由かもしれませんが結果はすべて自分に跳ね返ってきます。


絵に書いたような幸せは天から降ってくることはありません。

どんなに恵まれた環境だって、胡座をかいていたらいつの日かしっぺ返しをくらうこともあります。
一つ一つの誰かの人生を比べるのは時間がもったいなく無意味なのです。

早くこの仕組みに気がついて、早く自分の人生を引き受けないと本当にもったいないのです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント