青とピンクの文化 旅の宿の嬉しい出来ごと 

箱根に来ています。

今日の宿です。


凄い寛げる宿です^ ^


旅館にチェックインをするとラウンジでお茶や飲みものなどのサービスがあるところも多いと思います。

こちらの宿は、チェックインの際にアメニティの袋が選べるんです。

中居さんが籠を持ってきてくれて一つ選べます。
(写真はその場では思い付かなくて撮りませんでした、残念)

男性2人で宿に泊まったとしてもアメニティ袋やタオルは青とピンクが用意してあることが多いように思うのです。

男女のカップルや夫婦を想定してだと思うのですけど、青が男性、ピンクが女性だからなのでしょうか。

そう言えば、ブログを書きながら思い出しました。
幼稚園の頃、幼稚園の先生が折り紙を配る際に、女児にはピンク、男児には青を配っていました。
確かクラスで1人、ピンクの折り紙をねだる男児がいました。

私は小さいながらその男児に対して「変なの」などと思っていました。

あれれ、「男児がピンクの折り紙」を「変なの」って思ってしまった私は、小さい頃から偏見があったのですね。

ただ、自分で選択したものなら、きっとその男児は嬉しかったのでしょう。

82E455D7-5DD0-4D9E-90DB-8ADD00062CB0.jpeg
籠に沢山入っていた様々な種類のアメニティ袋の写真を撮り忘れたので、部屋で仕方なく選んだ袋を窓際に並べて写真を撮りました。

相方は緑色、私は紫色に惹かれて紫のアメニティ袋を選択しました。

あれ、ピンクとあんまり変わらない?(笑)
だって紫色が瞬間的に良いと思ったので〜

タオルは部屋に備え付けで白色で刺繍が入っているものでした。

本当に大したことではないのです。
きっとほとんどの人がスルーしてしまうのでしょう。

ただ気になってしまう私がいます。

追記、チェックアウトの際にフロントに籠があったので写真を撮らせていただきました^ ^
E75E3EB9-56D1-4C4D-B6D1-5141E8C6F35A.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント