虚言の心理

バタバタと過ぎて行く日々、ブログの更新が出来なかったです。

最近の私の中でのヒット、「嘘をつく」こと。

人間は誰しも自分を良く見せたいし、何か不都合があったら隠蔽したいと思うものですね。


明らかにわかりやすい浅はかな嘘をつく人がいますね。
ここで言う嘘とは、悪意がない犯罪などでない、日常生活の中で常に嘘をつく対処規制を持つ人について扱います。


愛情を感じられない環境などで愛情を確かめたいと言う思いと、その反面で愛情を感じられない諦めとどうせ信頼をされないなとが重なっているケースを見ました。

当然、あらゆる状況は人それぞれであり、一概に言えないとは思いますが、何となくやり切れないジレンマを感じました。

信じられない嘘でイライラしますが、当人を理解してあげようと言う思いが、一見遠回りに見えますが、大切なプロセスだったりします。

ただ、その当事者を囲む家族関係や支援をする側は、振り回されて疲れきっている場合も多いですね。


周囲の対応と反発、負の循環、堂々巡りが問題を複雑にしていることが多いです。


色々とわけて考え、嘘を理解するのは大変ですが、必ず解放に向かいます。

"虚言の心理"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: