権利は面倒でも主張しないと駄目

昨日のコーヒーの権利について凄い考えてしまいました。 大学院の修士学生だったときの看護師の友人にも聞いてみたりもしました。 やはり賛否両論あるようですね。 そういった時は自分がどう思うか、どうしたいかなのだと思います。 社会では、理不尽なことが起こってもしっかりと主張をしていかないと当たり前に流れていく。 誰も反論がないという…

続きを読む

Comment (0)

生の声と本音

車椅子を使用し、日常生活をされている方と話す機会がありました。 JRを利用する際に、電車に乗る時は駅員さんが折り畳みの板を出してくれて介助してくれる。 助かるし感謝もしているが、最近は駅員さんが減らされていて、電車に乗る為に30分以上待たされることもある。 一両でもバリアフリー車両、ホームと繋がる車両を作ってくれれば一人で乗ることが出…

続きを読む

Comment (0)

職場風土とマリッジハラスメント

先日職場の飲み会で30代の後輩が結婚していないことで、 「彼女はいるのか」「私生活がなぞ」「結婚はいいぞ」などの良くある酒の席での絡みを受けていました。 作り笑顔をしていましたが相当嫌だったように感じます。 マリッジハラスメントであると思うのですけど、周囲にはそういった意識はないのだろうと思います。 ただ、心配している訳ではなくイジ…

続きを読む

Comment (0)

痛み

今日は職場での飲み会でした。 さて、こういった場所では発生しやすいのが家族背景に関してのネタ、 子どもや配偶者の話題、写真などで話題が盛り上がることです。 また、独身者に対してのマリッジハラスメントが公然と行われている現状、 今回は、40過ぎた私ではなく30代後半の男性がターゲットになっていました。 酒に酔って絡まれている、そ…

続きを読む

Comment (0)

人と違うことは受け入れられにくい現実

発達障がいのあって、クローズ(障がいがあることをあえて言わない選択)で働いている人はたくさんいると思います。 もちろんすべてカミングアウトをする必要はないですし、どのような場合でも受け入れられるのが当然と言いたいところですが現実はそうはいかないと思います。 目に見える障がいとそうでないもの、つまり見えないもの。 「可視化」でき…

続きを読む

Comment (0)

LGBTと貧困

LGBTは貧困に結びつきやすい理由を私なりに考えてみました。 LGBT一般は、常に自分のセクシャリティを隠しておかなければならない状況におられる方が多いと思います。 もちろん、正々堂々と生きて良い、生きる権利がある、さあみんなでカミングアウト!! などと言う風には中々いかないものですよね。 こういったのは空論に過ぎない、本当…

続きを読む

Comment (0)

今更ですが生産性

杉田議員のLGBTに対して「生産性がない」と言う記事が新潮45から出版されました。 7月の終わりだったと思います。 雑誌が売れない中、炎上を狙って意図的に記事が作成されたようですね。 その後も「そんなに悪いか、杉田水脈」みたいなタイトルで新潮45は出版され休刊をすることになりましたね。 感情論で言うと、セクシャルマイノリ…

続きを読む

Comment (0)

生産性がないと言われることに

先月、自民党の杉田水派議員が、LGBTと生産性について述べられた。 週刊新潮に掲載された記事についての衝撃と、怒り感情。 週刊新潮が発売され、炎上がされている次の日に、自民党の谷川とむ議員の「同性愛は趣味みたいなもの」同性婚などの法整備は必要なしと発言がされたこと。 怒り感情を通り越して、悲しみの感情がでてきた。 …

続きを読む

Comment (0)

LGBTと呼び方に違和感がある

セクシャルマイノリティーと生きづらさについての研究を始めて1年が過ぎました。 何人かのゲイやレズビアンの方にアンケートさせていただいて見え始めたこと。 生きづらさの理由は様々であること。 以外とセクシャリティ以外の理由で生きづらさを感じている人が多かったように思います。 ただ最初はわからなかったのですけど。 社会を取り…

続きを読む

Comment (0)

LGBT セクシャルマイノリティ 生きづらさとは何でしょうか

セクシャルマイノリティだから生きづらい、マイノリティだから多数派の多い社会だから生きづらいのでしょうか。 一般的がヘテロセクシャルだとすると、ゲイに生まれた私は異質なものだから生きづらさを感じるのでしょうか。 そもそも異質なものの定義って何でしょうか、普通とは何なのでしょうか。 「生きづらさ」というこのワード、言葉とし…

続きを読む

Comment (0)

LGBTの健康観 もしかして低いのかな

公衆衛生学のレポートの台で「ヘルスリテラシー」というものがありました。 自らの健康行動が積極的にできる、健康活動に必要な情報を選択できる能力、医療者は情報を開示したりわかりやすく示したりする機能とでも言うのでしょうか。 このような記事を見つけました。とても頑張られて素敵だと感じました。 https://news.yahoo.c…

続きを読む

Comment (0)

40代ゲイが大学院 受験前その3 完全カミングアウト

本当はカミングアウトをするつもりはなかったんです。 前回のブログで志望動機の2パターンがあると書かせて頂きました。 学校説明会に呼ばれまして、説明を聞きつつ指導教員に会ってみませんかということになりました。 研究論文の主査の先生と入学前に面談をすることになりました。 そのお会いする主査の…

続きを読む

Comment (0)

40代ゲイが大学院 受験前 その2 本音と建て前

大学院の事務局の職員様からの熱心なメールのやりとりや電話をいただきまして、学校見学に行くことになりました。 大学院は横浜のみなとみらい線、日本大通り駅の真上。日本新聞ビル5階フロアー部分。 星槎大学大学院 https://gred.seisa.ac.jp/top/ 入学前は「修士卒という肩書」が欲しい! つまり大学院とは大…

続きを読む

Comment (0)

何気ない差別や偏見 自分も

友人との会話で、「だからあの人は結婚できないのよ」という話題になる。 結婚できないのは何か問題があるから?そもそも結婚って確実にしなければならないものなのでしょうか。 物凄い違和感を感じます。 自分も結婚はしていないけどと言いたかったのですが、何だかムキになるのは嫌だったので何となく流してしまいました。 やはり自分もそういっ…

続きを読む

Comment (0)

言いたい事が言えない、断れない、どう思われるのか心配

昨日のSST(社会技能訓練)で取り上げたテーマ。 乗り気ではないし、疲れているけど、誘いが来たら行ってしまう。 全く乗り気でもないのにカラオケにも参加する。 楽しんでいるフリをする。 結局後でぐったり疲れて、しばらく放心状態になってしまう。 断れない理由: ・折角誘って頂いたのに断るのが悪い。 ・断った…

続きを読む

Comment (0)

ゲイて得した事

今日はイベントです。 事務所を使ってやるのは、これが最後になります。 周知が不十分でオフィスを持つのはまだ早かった。 事務所を撤去する事で毎月の家賃分赤字はなくなるので、これから長期的にやっていけると考えました。 さてさて、折角のイベントなんで、自分なりの振り返りをして望もうと思います。 私は、出来れば普通のヘ…

続きを読む

Comment (0)

劣等感と怒り感情

昨夜は夜勤中、とても気持ちが不安定になりました。 同窓会の件なんですが・・・ http://59502879.at.webry.info/201703/article_29.html こちら側がアダルト(大人な)な対応で参加しない旨を伝えてあるにもかかわらず。 参加していない同窓会のDVDを家のポストに入れたとラインが来る。…

続きを読む

Comment (0)

同窓会に行きたくない理由

同窓会に行きたくないんです。 理由としては、結婚していない、子どもがいないので劣等感があること。 ゲイカップルで愛犬もいて、それなりに幸せに暮らしているのに、 それはそれで良いはずなのに... どうしても劣等感を感じてしまう。 同窓会に行って、家庭の話や子どもの話になるのは辛いから、私は行かないと言う選択をしている…

続きを読む

Comment (0)

酔わない宴会 面倒な出来事

昨日は宴会でした。 お酒が入ると、とても楽しくなり、つい食もすすんだりと、そして話もしますね。 全体的にお互いに言いたい放題言う場合もあれば、どちらかが聞き役に徹する場合もあるのです。 最近は聞き役に回る事も多い反面、突然の振りに、正直「嫌だなと思う」瞬間。 「家族ネタ」「結婚しないの」的なのは本当苦手ですね・・・{%泣…

続きを読む

Comment (0)

相方の父親が体調不良

5年間一緒に住んでいる相方の話しです。 私の両親は既に他界しています。 癌で入院したと連絡を受けて、今日実家に帰省。 私の年代の両親はそろそろと皆体調を崩す時期。 相方が言うには、年来持たないんではないかとか・・・ 本来は一緒に行くべきなんだろうか、などと考えるが、立場的に行けないし。 面識は一度のみで、それほど縁が…

続きを読む

Comment (0)

生き辛さを感じるの何でなんだろう?

今でも時々生き辛さを感じています。 私の場合はきっと自分のセクシャリティ(ゲイ)が大きく関係しているのではないかとずっと考えていました。 社会に堂々と現れられないから?いい年して結婚してないから?何となく子どもの話題とか苦手で。 子どもは好きなんだけど、持てないしみたいなので劣等感を感じたり。 何か一生懸命やればやるほど、 「ど…

続きを読む

Comment (0)

何となく後ろめたさを感じてしまう出来事

今朝は風が強くて、犬の散歩中にプラスチックごみの入った袋が散乱してました。 プラスチックごみって、何気に燃えるごみより量が多いように感じます。 横浜市は燃えるごみの回収は週に2回。 プラスチックごみは週に1回。 どうしても笠が増して大きく見えるんでしょうね。 片付けてあげたい衝動と、犬も連れてたし、この強風の中でネットもなく、…

続きを読む

Comment (0)

清水富美加さんの有名人のコメントで

芸能にうとい自分があえてこういうニュースを扱ってみたくなりましたきっかえとして、 「燃え尽き症候群」と高須クリニックの院長のコメントが妙に響きました。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170218-00009116-jprime-ent 確かに世の中にはたくさんおられる気がしま…

続きを読む

Comment (0)

生きづらさ

今日、看護学生さんがデイケアの利用者さんと関わった中で、ある利用者さんから、日々「生きづらさ」を感じていると言われそうです。それが衝撃だったとかで、振り返りの時間に話題に上がりました。 電車に乗るのが嫌だ、人ごみが嫌だ。と単純に思う中で、何がそんなに嫌なんだろうを振り返りをしました。 「人の中で見られている感じがする」こういった事がキー…

続きを読む

Comment (0)

やっぱり隠れていたいって本音かな。

午前中に、品川駅前のお洒落なカフェでお茶をしました。 自分はゲイで、職場の付き合い以外は、大体つるむのは男同士って言うか、ゲイ同志が多いのですが。 訳知りの女性とデートはとてもいいですね。気は楽だし。お洒落なカフェでも違和感なく。いや本当の所はわかりませんが。(笑) セクシャルマイノリティ、LGBTを最近は常に意識、どんどん公にし…

続きを読む

Comment (0)