熱い熱すぎる思いとのギャップ

夜勤中に強迫行動が強い患者さんから相談を受けました。 強迫行動とは、例えば不潔恐怖などで手洗いを延々とし続けるや、何度も確認をしそれがやめられないなどの行動をすることです。 「ある看護師さんの件で困っている。」「できれば担当を変えてもらいたい」「色々とうるさく注意されてそれがストレス。」「もう怖いんです。」 そういった内容だっ…

続きを読む

Comment (0)

お互い様

今日は夜勤明けです。 ある患者の対応で看護師と看護助手でややもめました。 看護助手の対応が患者を不穏(落ち着かなく)にさせた。看護師は、看護助手に「もういいから、あっちに行ってて」と言い、その看護師が対応したらすぐに患者の不穏が終息した。 確かにベテラン看護師の対応は素晴らしいものがありました。 不穏になった患者からは「あの…

続きを読む

Comment (0)

人の話が聞けない人 自分の主張ばかりする人

周囲に人の話をさえぎってでも自分の意見を主張する人、正論攻め、自分が正しく人の欠点ばかりを主張する人っていませんか。 私にとってちょっとホットな話題になっています。 こういった人を分析してしたいと思います。 人の話を聞くということはどのようなことなのでしょうか。 実はかつて私は人の話を全く聞けない人間でした。{%困るwe…

続きを読む

Comment (0)

精神科医療と貧困 ジレンマ

先日、ある利用者からデイケアをやめたいと言われました。 他の利用者で汚い人がいる。 手をちゃんと洗っているかどうか心配。 匂いがキツイなど。 調理は手が荒れから。やりたくない。 デイケアの後は調子が悪くなると言われました。 他の曜日を勧めたら、プログラムがつまらない、興味がないと答えられた。 あらゆる理由つけを…

続きを読む

Comment (0)

精神科で働くと引っ張られると言われます

友人の看護師に、精神科で働くと引っ張られない?と良く言われます。 引っ張られる?何処へ? この表現自体に偏見や差別的な意味を含んでいますね。 多分、病気とそうじゃない者との境界線からあっちとこっちみたいな印象を受けます。 さてさて、もう少し砕きたいと思います。 そもそも、支援者、保険医療関係、心理関係や教育関係などを志す人…

続きを読む

Comment (0)

虚言の心理

バタバタと過ぎて行く日々、ブログの更新が出来なかったです。 最近の私の中でのヒット、「嘘をつく」こと。 人間は誰しも自分を良く見せたいし、何か不都合があったら隠蔽したいと思うものですね。 明らかにわかりやすい浅はかな嘘をつく人がいますね。 ここで言う嘘とは、悪意がない犯罪などでない、日常生活の中で常に嘘をつく対処規制を持つ人…

続きを読む

Comment (0)

日本精神科看護協会神奈川県支部 研究発表会

10月3日(水)に行われました、研究発表会に参加しました。 神奈川県内の精神科の病院から17組の研究論文が集い発表をしました。 今回当院は初参加、しかも研究者も発表者も私だけでした。 つまり合同研究ではなく単独で行った研究でした。 研究論文のタイトルは: 精神科デイケア再生への取り組み  ~共生教育の理念を用いた…

続きを読む

Comment (0)

リストカット 自傷行為 の心境

ワールドカップ、日本対ベルギー戦 惜しかった。 でも良い試合でした。でも2点先制していたのに、選手たちは悔しでしょうね。 先週末、大学院でのスクーリングの際にリストカットをする人の心境がわからないというの話になりました。 リストカット=自殺 そのように思われる方も多いと思いますが、 自殺企図と言うよりは自傷行為(…

続きを読む

Comment (0)

突発的なうつ病の要因になるもの AC アダルトチルドレン

今まで元気だった方が突然うつ病の診断をもらい仕事を欠勤するなどと言うことは皆さんの周囲ではないでしょうか。 もし皆さんの同僚や周囲の方で、昨日まで普通に見えたのに「なぜ?」などという思われると思います。 うつ病の予備軍、または頑張り屋さんに多いのかもしれませんね。 辛い気持ちを中々吐露できないなどという性格的な要因も考えら…

続きを読む

Comment (0)

ネバーランド

精神障がい者のデイケアの管理者になってから1年半くらい経ちます。 利用者数の低迷に伴い、廃止寸前の部署デイケアを利用者の意見を聞きながら再建を図る。 お蔭さまで、利用者数は増加、年間で800人の増化をすることができました。 自由な発言が出来る場所、安全で楽しい居場所作りを目指しました。 社会に中々適応できず、自尊感情…

続きを読む

Comment (0)

精神科医療の危険物と人権

今日は訪問看護をしてきました。 利用者より、「健康長寿ってどう思いますか」と質問をされました。 平均寿命が延びているなかで、疾患などなく健康で長寿を全うすることなんでしょうか。 「それってお節介ではないですか」「もう老後は好きなように生きたい、皆で体操などしたくない」 きっと疾病を患うと医療費の高騰につながる、予防をする…

続きを読む

Comment (0)

生長と自立 親離れ

精神発達遅滞のある20代前半の男性利用者のことです。Aさんとします。 Aさんは中学校の特別支援学級で暴れてガラスを割り、警察が呼ばれて、学校側から卒業はさせるから登校をしないでくれといわれていたそうです。 Aさんが体は大きく家で暴れてしまうと相談があり、日中の気分転換活動のためにデイケアに通所になりました。 人見知りはするけど、デ…

続きを読む

Comment (0)

心の声、目には見えないもの、当事者にとってはリアルなんです。

最近仕事で面談、カウンセリングを実施する機会が増えました。 精神科領域に興味を持ち、精神科の看護師として働き始めた頃、私は偏見が強く無意識に患者を傷つけていた。 反省してもしきれない、本当に申し訳ない思いです。 私が若かった頃はきっと横柄で、精神疾患の患者へ何かをしてあげることで自身の存在価値を見出していました。本当に恥ず…

続きを読む

Comment (0)

積極的に悪口を言いましょう、怪獣に例えて!~自信回復の過程~

最近のデイケアで心がけていること! 自ら批判的な意見や、自分の上司へ不満や疑問に思う事を、批判を面白おかしく利用者へ伝えること。 例えば、仕事がたくさん振られてくることは、「いいように使われている」と言われます。 いえいえ、「いいように使われてあげているんです!」 いつも仕事の頼みごとをしてくる上司、「ごめんなさ…

続きを読む

Comment (0)

寝られない看護実習、認められる喜び

今、病院に看護学生が実習に来ています。 看護師になる為に、実践勉強の一環で様々な科を回り、患者様を受け持たせてもらい、じっくりと関わりながら勉強をしているという課程です。 精神的にも肉体的にも大変な実習プログラム。実習記録に追われて睡眠時間を削る学生たち。 かつて、私も看護学生だったときを思い出すと、もう二度とやりたくないと正…

続きを読む

Comment (0)

SST自信回復、『俺って凄い!』

昨日のSSTのテーマを利用者の方々から出していただきました。 ある利用者から、自信がない、自信を回復する方法を知りたいと提案がありました。 他に意見がなく、「自信がないときに回復する方法」になりました。 ちなみに今自信かない人と聞いてみると10人いたメンバー全員が手を挙げました。 自信がない理由:他人と比べてしまう。頑張っだ…

続きを読む

Comment (0)

簡単でわかりやすいのがベスト!

昨日大学院の公開講座、お誘いを受けて参加させて頂きました。 専門分野ではない話で、最初はさっぱりわからない。 途中休憩をしながら4時間近く、プレゼンターが代わり替わりしていくうちに最終的に何となく、%で表すと30%程度の理解だと解釈をしています。 まず専門用語がわからない、更に横文字になるともっとわからかったです。 本日…

続きを読む

Comment (0)

リスクマネイジメントと人権 患者の無断離院を通して

先日、閉鎖病棟に入院中の医療保護入院の患者が無断離院。 閉鎖病棟⇒入口に鍵があり、入院中の患者は自由に出入りができない病棟。 医療保護入院⇒自分の意思で入院したのではなく、家族などの意向で入院になっているケース。 無断離院⇒許可なく無断で病院を離れること。 つまり、閉鎖環境の中で隙を見て言い方は悪いですが逃げ出してしまうとい…

続きを読む

Comment (0)

インフルエンザパンデミック中 現れた女神

夜勤中に起こった出来事です。 夜勤勤務の為に出勤、その日は管理業務を兼ねてのスタッフ勤務でした。 認知症病棟(高齢者の多い病棟)でインフルエンザA型が流行してしまい、入院患者様から複数人と職員から2名、その日の夜勤勤務者が感染者だった為に急きょ、夜勤勤務者の交代をしたと、報告を受けました。 その病棟から交代したスタッフが38.…

続きを読む

Comment (0)

言いたい事が言えない、断れない、どう思われるのか心配

昨日のSST(社会技能訓練)で取り上げたテーマ。 乗り気ではないし、疲れているけど、誘いが来たら行ってしまう。 全く乗り気でもないのにカラオケにも参加する。 楽しんでいるフリをする。 結局後でぐったり疲れて、しばらく放心状態になってしまう。 断れない理由: ・折角誘って頂いたのに断るのが悪い。 ・断った…

続きを読む

Comment (0)

対人関係スキル 初級SST

今日から、デイケア来月の新年度に向けて、新しいSSTプログラム開始です。 単純に初級SSTと呼ばず、楽しみ人生を生きる為の、ソーシャルスキルトレーニングと考え、 名付けて「エンジョイ オブ ライフ」 頭文字を取ってEOLとしました。 何をするかと言うと、とにかく、皆で考えて、何かを発言しようとする試みです。 中々意見を言うのが苦…

続きを読む

Comment (0)

減量の約束

今日はある女性利用者宅へ訪問看護に行きました。 特に困ったことはないけど、出不精で、いつもながら面倒でどこにも行きたくないと言われる。 出不精などの発言があった際は、さりげなく、デイケアに来たらと促しますが、女性からは、当然「いえ、デイケアはちょっと」と言われてしまいます。 デイケアに無理やり来させるのは全く意味がなく、嫌なの…

続きを読む

Comment (0)

駄目よ!いやいや 恥ずかしい気持ちはどこで起こるの?

本日のSSTで、調子が悪くなって、どこか外で薬を飲まなければならない時にとても嫌だ。 「外で調子が悪くなったら嫌だから、本当は外出したくないけど、仕方ない。薬は持ち歩いています。」 みたいな意見が聞かれました。 人前で薬を飲む行為って言うのは、ヨクヨク考えてみると、そう言えば私も嫌だなと思いました。 相方の前では普通に薬も飲める…

続きを読む

Comment (0)

やる気が起きない、何となくフワフワと。

昨日のSST(ソーシャル・スキル・トレーニング  社会技能訓練)の時間、いつものようにファシリテーターを務めさせて頂きました。 昨日は利用者数も二人、昨年10月からデイケアに異動になってからで一番少ないと思いました。 思わず「雪でも降っていないのに、凄い少ないですね」と言ったら、利用者も職員も笑いが起こりました。 利用者さんの…

続きを読む

Comment (0)

精神科デイケアの縮小化と引っ越し

いよいよ、来年度4月に向けて、今私が所属している精神科デイケアの縮小化が決まりました。 私が、デイケアに異動になったのは昨年の10月、売り上げの上がらないデイケアの立て直しが理由。 異動が決まった時の私の精神状態は、実はあまり良くなかったんです。 病棟管理のストレス、人員不足で体力的にも疲弊、スタッフの不満も大きくなり、そのストレ…

続きを読む

Comment (0)