医療的ケア

5月20日(日)

医療的ケアの講師デビューしました。

医療的ケアとは、介護職員さんが、吸引や経管栄養を実施できるようになるための研修です。


吸引:痰(たん)を機械を用いて口や鼻、または気管切開した部分から取り去ること。

経管栄養:鼻から胃まで通した管かお腹に直接入れた管を通して液体にした食事、
       栄養のある液体、例えば飲むカロリーメイトみたいなものを入れること。

それらの行為は今までは、看護師・准看護師にしかできませんでした。

現在は法改正により介護福祉士の国家資格をもつ人は講習を受ければ実施でいるようになりました。
これから介護福祉士の国家資格を取得する人は、必修科目になったそうです。

ただ、以前より、在宅で介護をする家族は特に資格がなくても実施していました。


施設や在宅を専門の職業とする介護福祉士さんが技術を習得し、実践できればとても効率が良く、そして技術手当などの収入アップにつながればなどの意図もあるようです。


講師デビューを終えて、介護職員さんたちと触れ合い、生の介護現場の話を聞いたり、一生懸命技術演習に取り組む姿を見て、私自身、力をもらえました。


今まで、看護技術的なものは、学校を卒業してからは自己流で、教えるなんてとんでもない!自信もなかったですし、それほど興味もありませんでした。


外来部門、デイケアに異動となってから、夜勤がなくなった分大幅な収入減をしたために、少しでもアルバイトをしようと思い始めたことです。


教えるために再勉強をしたり、生徒さんから力をもらえる。ついでにお給料もでる。

凄い良い楽しみができました。


ただ、まだ未熟のために、物品の準備手間取ったり、デモンストレーションの手技があやふやだったりして本当すみませんでした。


皆様に支えられ、成長をさせていただいている。本当に感謝です!

にほんブログ村








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック